認知症を考える。白質病変? | 栃木県宇都宮でコンサート会場、レンタルスペース、展示会、霊芝をお探しなら合同会社ファルフ

会社情報

認知症を考える。白質病変?

カテゴリー: サプリについて 2017.03.12

今今と今という間に今ぞなく今という間に今ぞ過行く。

いまを大切に。

「大脳白質病変」とは加齢や動脈硬化などにより、大脳の白質内の微細な欠陥が消失しtできた隙間で、

血流が不十分な部位と考えられています。

程度が強くなると、認知機能の低下やパーキンソニズムといった症状が生じ脳梗塞を起こしやすくなります。

「白質病変」とコリンノ摂取に関連性があると言及されています。

コリンとは神経伝達物質であるアセチルコリンのもととなるビタミン様物質。

コリンを十分に摂取してないと「白兵病変」が多く見られます。

コリンは体内でも作られますが、体内で生成される量はごくわずか。

食事から摂るのが良いとされています。

コリンを多く含む食品としては、卵黄やレバー、大豆が代表的です。

コレストロールのことを考えると、豆腐や納豆などの大豆製品をとりいれましょう。

本日はこれにて終了。

  • 9:00~18:00
  • 028-648-3037
  • 不定休
  • info@space-falf.com
お問い合わせはコチラ
PAGE TOP