認知症を考える。高齢者の事故が増えている・・・? | 栃木県宇都宮でコンサート会場、レンタルスペース、展示会、霊芝をお探しなら合同会社ファルフ

会社情報

認知症を考える。高齢者の事故が増えている・・・?

カテゴリー: レンタルスペースについて 2017.03.11

子供しかるな来た道だから、年寄り笑うな行く道だから。

世界でも有数の長寿国である日本。年々高齢化が進む中、高齢者における運転事故が深刻化しています。

高齢者の事故の割合増加傾向にあります。加齢による衰えがよ要因となる事が特徴です。

視野の狭まりや、運動能力の低下のほか、「白質病変」による情報処理能力の低下が要因となる事があります。

2017年3月には、75歳以上の運転者に認知機能検査が義務化されることがきまっています。

白質病変とは・・・?

老化による動脈硬化が進行して脳の血流が悪くなる脳の循環障害のことです。

複雑な動作が苦手になり、交通状況を把握しながら自動車の運転に支障をきたすことがあると考えられています。

白質病は、軽度であれば自覚症状はありません。しかし、中高年の薬30%にはあるとされています。

では私達は・・・・。

本日はこれまでに。また次回に。

  • 9:00~18:00
  • 028-648-3037
  • 不定休
  • info@space-falf.com
お問い合わせはコチラ
PAGE TOP